>トピックス>施工内容によって費用も期間も異なる!リフォームに必要な準備とは?

施工内容によって費用も期間も異なる!リフォームに必要な準備とは?

作業員

リフォームでできること

リフォームをする場合、法令や構造から可能な内容を判断する必要があります。たとえば窓を増やしたり、高齢者のためにバリアフリー化したり、キッチンや浴室の移動は比較的やり易い工事です。一方間取り変更や増改築は、条件次第になります。岐阜県ではリフォームに関する相談ができる法人があります。

リフォーム

リフォームに必要な期間の目安

工事の規模により変わりますが、リビングの壁紙を張り替えるだけなら2日程度、フローリングを替えるならば3日程度で済むでしょう。屋根や外壁の塗装や交換になると、長いケースでは1カ月ほど掛かります。トイレや浴室は、室内のデザインを新しくするなど大掛かりな工事でない限り、大体2日を見積もっておけば大丈夫です。キッチンは壁や下地、内装などを一体として工事する必要があるため3日から4日、場合によってはさらに期間が伸びるでしょう。

手

リフォームに必要な費用の目安

リフォームの期間と同様、単純な比較はできませんが、キッチンの場合、平均150万円以下の割合が多いです。浴室は80万円から120万円。大規模な増改築であれば500万円から1250万円が多くなります。戸建てよりもマンションのほうがやや安い傾向があります。

リフォームを行うメリットTOP5

リフォーム
no.1

自由なデザインや設計で部屋造りができる

いくら凝ったデザインでも暮らす人の嗜好に合わなければ居心地が悪いもの。希望を追求できるのがリフォームの良さでしょう。

no.2

新築購入よりも費用を抑えられる

新築物件の購入と比べリフォームは現状を変更するだけなので、資金面での悩みが少なくて済みます。

no.3

住み慣れた住居を生かせる

何十年も暮らした家に愛着を感じる人は多いでしょう。その点リフォームなら今の家を活かせるので便利です。

no.4

短い工期で居住環境を見直せる

工期が長くなると生活に不便を生じますが、気になる箇所を短期に改善できる点でリフォームは最適です。

no.5

工事期間中の仮住まいを準備しなくて良い

工事期間中だけとはいえ別の物件を探し、賃料を支払うことになるとコストがかかります。その心配をしなくて良いのがリフォームのメリットです。

リフォームで快適な生活が手に入る

建物は古くなると壁の汚れや退色、窓や戸のゆがみなどが生じ、新築時のような快適さは失われます。部屋全体といわないまでも、不便になった箇所をリフォームすれば随分住み心地が良くなります。小さな子供がいる家庭なら部屋の拡張、高齢者がいる家庭ならば手摺を設置したりとライフスタイルに応じた設計をすればいっそう快適な生活ができます。

依頼件数の多い人気のリフォーム5選

家

トイレ・洗面所

マンション・戸建てにかかわらず依頼件数で上位を占めます。使用回数が多い箇所だけに使いやすさを求める傾向があります。

キッチン

ほとんどの女性がこだわりを持つ空間で、楽しく素早く料理ができるようにリフォームしてもらえると人気です。

バスルーム

キッチンとは逆に、男性からの依頼が多い箇所です。仕事の疲れを癒し、ゆったりと寛ぎたいとの声がよく聞かれます。

リビング

戸建てよりもマンションで希望する割合が高く、マンションではキッチンやバスルームよりも人気の箇所です。

外壁・屋根

リビングと異なり戸建てで依頼数が増えます。所有者が共有でない点が理由の一つでしょう。

リフォームを行う際の注意点

工事内容および予算の確認は必ず行いましょう。工事終了後に事前の話と食い違いが生じては、せっかくのリフォームが台無しです。また事後に不都合が見つかった場合の保証についても確認しましょう。

リフォームに関する疑問にお答えします!

設計図

リフォームでローンは組めるの?

住宅ローンとは別にリフォームのためのローンがあります。比較的費用が安い工事であれば無担保型があるので検討すると良いでしょう。

全く知識がなく依頼しても大丈夫?

専門家に依頼するので知識がなくても構いません。しかし、説明を受けた際にその内容が妥当なのかどうか判断できないと困るので、最低限の知識は学習しておきましょう。

築何年くらいで、リフォームを考えるべき?

リフォームは古い物件を新しくすることだけが目的ではありません。したがって、暮らす人のライフサイクルにより不便が生じたときに考えます。若いときと年齢を重ねたときでは求める事が変わるのは当然ですから、建物の築年数だけでなくその時々の希望が重要です。

リフォームしたい場所が複数あるとき、一度にやったほうが良い?

別途工事を依頼するより一度にリフォームしたほうが安上がりの場合があります。しかし、費用面を優先して無理なローンを組むよりも予算に余裕が出るごとに依頼しても良いでしょう。同一業者に依頼すれば安く請け負ってくれることも期待できます。

見積もりは複数の会社を比較したほうが良い?

依頼者は予算がありますから、できるだけ予算に近い業者を選びたいものです。ただし、比較する時間および業者のやる気を考慮すると、あまり多くを比較するのは現実的ではありません。一般的には2社から3社の見積もりを比較する人の割合が多いです。

広告募集中