リフォームが人気の理由

リフォームは一部だけを工事するため引越しや仮住まいを準備する必要がないです。引越しや仮住まいの費用を計算する必要がなく、工事費用のみを見積もればいいので人気があります。

リフォームとリノベーションの違いとは?

工事をする規模によって変わる

ユニットバスやキッチンの入れ替えといった小規模の工事はリフォームになり、間取りや配水管設備変更といった規模の大きい工事はリノベーションになります。

性能の違いで分けられる

新築のときと同じような性能なる工事はリフォームになり、新築のときよりも性能が良くなるような工事をする場合はリノベーションになります。

リフォーム業者の探し方

リフォーム業者を探す手段としては、リフォーム検討サイトなどで調べるか街中にある広告などを参考にする方法があります。ライフスタイルに合わせて自分が探しやすい手段で調べましょう。

リフォーム業者への依頼から完成までの流れ

室内

まずは相談をする

依頼したいリフォーム業者に問い合わせて、どのようなリフォームをしたいか希望を伝えましょう。平面図などを用意してできるだけ正確に伝えるのが大事です。

打ち合わせと現地調査をする

担当者とリフォームしたい箇所の希望や要望を話し合います。現地調査では具体的なアドバイスをもらえるので、参考にしましょう。

プランを提出してもらう

要望にそったリフォームのプランを提案してもらいます。実物のサンプルや図面などを利用して、細部まで確認していくのが特徴です。

見積もりを出してもらい契約する

決まったリフォームプランをもとにして、工法や材質などの見積もりを出してもらいます。納得できれば契約書類に必要事項を記入して、契約です。

リフォーム工事を行い完成

工事を担当する業者が近所に挨拶などをしてから、リフォーム工事を行います。完成した後は、仕様書や図面と照らし合わせて最終確認をします。

リフォームの費用はケースによって異なる~相見積もりがお得な理由~

男女

優良な業者の見分け方

見積もりの時点で、優良な業者であるか判断することが可能です。見積書の内容が分かりやすく、説明が丁寧であるかチェックしましょう。経験や知識が豊富なリフォーム業者ならば、分からないことを質問すれば丁寧に答えてくれます。また、メリットだけでなくデメリットも伝えてくれるとより信頼できます。プラン変更したい場合の図面変更や金額の確認がスピーディであることも大事なポイントです。

リフォーム

リフォーム業者への依頼方法

業者が決定した後は電話で問い合わせて、リフォームをお願いしたいことを伝えましょう。設備を充実させたいなどリフォームの希望を具体的にしておくと話しがスムーズです。リフォームしたい箇所の優先順位も決めましょう。現場を確認しなければ具体的な内容の見積書を作成できないので、自宅で打ち合わせをする日程を相談します。また、リフォームをする前に管理組合などに連絡しておくのも大事です。

事前に複数の業者に見積もりを依頼しよう

リフォーム業者をいくつか絞ることができれば、相見積もりを取ることで検討しやすくなります。金額だけでなく、工事の内容やアフターメンテナンスの違いも比べましょう。

リフォームなら神戸の業者にお任せ!

兵庫で好評なリフォーム業者!

[PR]
家のリノベーションをしてもらおう
最良の設計プランを提案してくれる

広告募集中